溶接法研究委員会について

各種溶接システムと溶接プロセスのハード及びソフトウェアの開発と改良を中心として,特にその「実用化研究」に主眼をおいて研究活動を行っている.これに 関連して,溶接基礎現象の解明や切断及び表面処理のプロセスまでも広く研究視野に入れており,(a) 溶接の自動化技術(溶接機器,センシングと制御,ロボット開発)及びCAE・CIM関連プロセスとその周辺技術.(b) 各種溶接・接合プロセスの基礎現象の解明や,溶接ワイヤ,シールドガス等の開発,新材料の高品質溶接・接合法の確立,などが近年の主要課題となっている. また,講習会,セミナーなどを開催し,研究討論の場の提供と技術の普及にも努めている.

お知らせ

見つかりません

リクエストされたアーカイブには何も見つかりませんでした。検索すれば関連投稿が見つかるかもしれません。